お洗濯の基本(27/41)

シミの種類とシミ抜き方法 | お洗濯の基本を学ぶVol.27

Column
2019.01.09

お洋服にシミが出来てしまうと、ついついもみ洗いをしてしまいますよね。
どんな種類のシミでもつけたらすぐ落とすのが基本ですが、それだとお洋服を傷めてしまいます。

衣類を傷めないためにシミの種類にあったシミ抜き方法で対処しましょう。

醤油・お茶・コーヒー・ジュース(水性のシミ)

水洗いでも落ちない場合は、水で濡らした布でシミを叩き、あて布にシミを移してください。
さらに台所用洗剤を歯ブラシに含ませて馴染ませてください。

チョコレート・口紅・ボールペン(油性のシミ)

ベンジンを含ませた布でシミを叩いて馴染ませ、油分を取り除いてください。色が残ってしまう場合は、台所用洗剤をつけた歯ブラシで叩きぬるま湯でもみ洗いしてください。

カレー・ミートソース・マヨネーズ・ドレッシング(混合性のシミ)

繊維を染色してしまうほど強力なカレーなどのシミ。あて布をして台所用洗剤とクエン酸を1:1で混ぜ合わせ、シミ部分に塗布。洗面器にお湯を張り、お湯の中でもみ洗いしながらすすいでください。

赤ワイン(不溶性のシミ)

赤ワインのシミはアントシアニンという色素が原因。あて布をして漂白剤と重曹を1:1で混ぜ合わせてシミ部分に塗って馴染ませしばらく置き、シミが薄くなったら洗濯機で洗濯しましょう。

血液・牛乳(タンパク質のシミ)

血液は熱いお湯で洗うと固まってしまうので必ず水で洗い流してください。台所用洗剤をつけた歯ブラシで叩くか、落ちない場合は漂白剤で漂白してください。

泥ハネ(樹脂のシミ)

泥ハネジミには油が混じっていることも。あて布をして台所用洗剤を薄めずにシミを塗布してください。さらにその上から歯磨き粉をつけた歯ブラシで叩き、お湯の中でもみ洗いしながらすすぎます。

Rinennaはつけ置きするだけでシミ汚れがきれいになります。
コツは40度以上のお湯につけること。ぜひシミ汚れを落としてくださいね♩

【Rinennaシリーズ】

▼つけ置き洗い に定評。もみ洗いは一切不要!
・つけおきメインの洗濯用洗剤Rinenna#1 1.0kg
 繊維

▼加齢臭・を落とす洗剤
・くさいニオイをごっそり落とす洗剤Rinenna#2 WhiteMusk

 繊維

▼つらい生理痛を少しでも和らげるために。ベビー用コットン×安心の日本製 布ナプキン
・Rinennaのつけごこちのいい布ナプキン

 繊維

▼インフルエンザの除菌にも!
・植物100%くさいニオイがごっそり落ちるペット用消臭スプレー
 繊維

【メディア紹介】

・VERY web
VERYライター高橋志津奈さんのブログで愛用品としてrinennaが紹介

特集「お洗濯の基本」

2018.06.14
2018.09.21
2018.09.25
2018.09.26
2018.09.27
2018.09.28
2018.10.04
2018.10.12
2018.10.15
2018.10.16
2018.10.18
2018.10.24
2018.10.29
2018.10.30
2018.11.06
2018.11.08
2018.11.13
2018.11.15
2018.11.16
2018.11.20
2018.11.26
2018.11.27
2018.12.06
2018.12.11
2018.12.18
2018.12.27
2019.01.09
2019.01.16
2019.01.24
2019.01.31
2019.02.14
2019.02.25
2019.02.28
2020.02.28
2020.06.20
2020.09.20
2020.10.16
2021.03.10
2021.03.13
2021.05.29
2021.05.29
すべて表示
「毎日の不快な作業を快適に」
そんな想いからリネンナは生まれました。
洗濯用洗剤、布ナプキン、布おむつなどを
開発・販売しています。