お洗濯の基本(35/41)

梅雨の時期のお役立ち洗濯テクニック

Column
2020.06.20

梅雨の時期に知っておくべき洗濯テクニック3つ

こんにちは、洗濯洗剤Rinennaです。

雨続きで湿気が多いこの梅雨の時期
梅雨の時期のお洗濯って「なかなか乾かない」「生乾きのニオイ」が漂ってくる
お洗濯が億劫になってしまいますよね。

「ニオイの原因と対策」と「部屋干しのコツ」を知れば、
梅雨の時期の洗濯対策ができます!大事なポイントは3つです。

ポイント1:洗濯槽の洗浄

洗濯槽洗いのコースが付いている洗濯機


洗濯槽洗いのコースが付いている洗濯機は、
洗濯槽クリーナーを入れてボタンを押すだけで、簡単にお手入れできます。

洗濯槽洗いのコースが付いていない洗濯機


洗濯槽洗いのコースが付いていない洗濯機の場合は、
水をためてしっかりつけ置き洗いをしましょう。

ポイント2:洗濯機の正しい使い方

洗濯機に入れる洗濯物の量が大事


洗濯機に入れる洗濯物は、多くても8分目までにしましょう。
詰め込みすぎると、きちんと洗えず雑菌が残ったままになり、ニオイの原因にもなります。

洗剤と柔軟剤は分けていれること


洗剤と柔軟剤は、分けて入れてください。
洗剤と柔軟剤を同じ箇所に入れるのは、
シャンプーとリンスを同時に使っているようなものです。
柔軟剤を入れる場所がない洗濯機の場合は、
すすぎのタイミングで柔軟剤を入れてください。

脱水時間を長めにして水分をしっかり切る


梅雨の時期は特に、脱水がポイントになります。
しっかり水分を切って早く乾くようにしましょう。
脱水の時間が長くなると、衣類にシワがつきやすくなるので、
柔軟剤をきちんと入れることをおすすめします。

ポイント3:部屋干しのコツ

部屋干しの際に干してはいけない場所があります。
なんと…窓際です!
「お日様が当たる場所だから乾きやすい」
と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
実は梅雨の時期は、窓の近くは湿気が多いのです。
またカーテンの傍は、風通しが悪くなるので乾きにくくなります。

部屋干しの中での干す場所は浴室がおすすめ


浴室は乾燥機がついていて風通しが良いのでおすすめです。
ただしきちんと換気してください。
ご自宅に浴室乾燥機がある方は是非お使いください。

浴室が使えない場合


浴室が使えない場合は、風通しが良いクーラーの前などがおすすめです。
その時は、除湿機能を使って室内の湿度を下げることがポイントです。

乾きやすい干し方


洗濯バサミ付きのピンチハンガーがおすすめです。
ズボンは輪っかにして、空気の通り道を作り風通しを良くします。

アイロンが必要なYシャツなどは、あらかじめアイロンをかけておくのもおすすめです。
特に脇のところは、乾きにくくて生乾きの原因にもなりやすいところなので、
しっかりアイロンを当てましょう。

衣類に直接扇風機の風を当てることも効果的です。
ただし、お部屋の除湿を忘れないでください。

●YouTubeで、梅雨の時期の動画でお洗濯方法をご紹介しています!
こちらからどうぞ▶Rinenna公式チャンネル

特集「お洗濯の基本」

2018.06.14
2018.09.21
2018.09.25
2018.09.26
2018.09.27
2018.09.28
2018.10.04
2018.10.12
2018.10.15
2018.10.16
2018.10.18
2018.10.24
2018.10.29
2018.10.30
2018.11.06
2018.11.08
2018.11.13
2018.11.15
2018.11.16
2018.11.20
2018.11.26
2018.11.27
2018.12.06
2018.12.11
2018.12.18
2018.12.27
2019.01.09
2019.01.16
2019.01.24
2019.01.31
2019.02.14
2019.02.25
2019.02.28
2020.02.28
2020.06.20
2020.09.20
2020.10.16
2021.03.10
2021.03.13
2021.05.29
2021.05.29
すべて表示