布ナプキンで快適に(9/11)

雑誌掲載|「Baby-mo」別冊付録・ソーシャルGOODなママになる!

News
2020.12.26

「Baby-mo」別冊付録・ソーシャルGOODなママになる!にRinennaの布ナプキンが掲載

Rinennaのつけごこちの良い布ナプキンがこの度ソーシャルGOOODなママになる!別冊特集で掲載。

SDGsのアイテムとして布ナプキンが掲載

SDGsとは?

SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、世界の国々が話し合い、2030年までに世界が取り組むべき17の目標として2015年9月に国連総会で採択されました。この目標、実は新しいものではなく、2000年から2015年に掲げられたMDGs(ミレニアム開発目標)の目標や指標が含まれています。(外務省HPより)

布ナプキンがなぜSDGs?

水が豊かで、電気も何気なしに使える日本。水や電気が止まることは災害時だけという恵まれた国にいることをこのSDGsが掲げる目標を
俯瞰的にみると、日本という国で生活することがどれだけ恵まれている環境かということが見えてきます。
「洗濯が洗濯機でできる」国で、下水が整った日本だからこそできるSDGsのひとつの取り組みとして布ナプキンが取り上げられたかもしれません。
布ナプキン自体が、使ったあともゴミにならず、繰り返し使えるアイテムとして、そして、女性のカラダを労うアイテムとして、選択肢の一つとして知っていただくきっかけに。

不快な想いを快適に|Rinennaよりメッセージ

自分の時間を大事にしてほしいという想いで作られた布ナプキン。
なぜ、布ナプキンかというと、生理の時の「不快な時間を少しでも快適に」したいから。
お腹が痛くて、眠くて、だるいときに、少しでもほっとできる時間をという想いでできた布ナプキン。
生理時以外の時も冷え性のスタッフが夜寝るときにつけておくと、暖かくて気持ちがいいという渾身の作なので
ぜひお手に取って使っていただけましたら幸いです。